とあるインデックスのピンボールマシン

JICSとSDGs

持(qiao)続可(tan)能な開発(duo)目標(SDGs)())と(si)は

 持続可能な開発目標(SDGsエスディージーズ=Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた2016年から2030年までの先進国を含めた国際社会全体の開発目標です(zhan)。「(「)誰一(jie)人取り残さな(ce)(ce)い」(zhi)社会の(za)(za)(za)実(bang)現(zhong)を目指(gui)し、貧困の(za)(za)(za)撲(chi)滅な(ce)(ce)ど以下(ya)の(za)(za)(za)17の(za)(za)(za)目標((()169の(za)(za)(za)ター(hu)ゲット)を掲(hong)げています(zhan)。

JICSの取組み

日本の政府開発援助を通じた取組み
〜SDGsの達成に向けて、携わる全プロジェクトで最大限の効果を目指す〜


日本のODA無償資金協力における
JICSの位置づけ

 JICSは1989年の設立以来、一貫して日本の政府開発援助(ODA)に関わってきました。現在は主に無償資金協力で(xun)、(shang)(shang)資(dai)金援(ta)助を受けた相(ce)手国政府と調(peng)達(fu)代理(dong)契約を締結し(huang)、(shang)(shang)相(ce)手国の代理(dong)人(調(peng)達(fu)代理(dong)機関)とし(huang)て、(shang)(shang)供与資(dai)金を管理(dong)し(huang)、(shang)(shang)その国の課題解(qing)決や(chu)経済社会(duo)開発に必要な機材の調(peng)達(fu)や(chu)施設建設のプロ(jin)ジェクトマネジメントなどを行っています。

 JICSが(feng)調達(fu)代理機関とし(huang)て携わ(jia)る(suo)(suo)無償資金(tiao)協(jin)力プロ(jin)ジェク(qiu)(qiu)トは(jie)、す(zhan)べてSDGsの(za)17の(za)目(zhen)標達(fu)成(chan)に(zhen)(zhen)寄与す(zhan)る(suo)(suo)もの(za)です(zhan)。年間200件以上に(zhen)(zhen)携わ(jia)っ(mian)てい(nuan)ま(jie)す(zhan)が(feng)、その(za)効果が(feng)最大限に(zhen)(zhen)発(duo)揮される(suo)(suo)よう、経(zha)験やノウハウを生(nie)かし(huang)、プロ(jin)ジェク(qiu)(qiu)トを実施し(huang)てい(nuan)ま(jie)す(zhan)。

 (kao)ま(jie)(jie)た(chai)、(shang)JICSは無償資金協力だけでな(ce)く(e)、(shang)技(mei)術協力や円借款を含(chui)むODAの(za)案件形成や事後モニ(lin)タリ(chai)ングの(za)調査、(shang)審査業(rao)務、(shang)フォロー(hu)アップ協力、(shang)ODAプロジ(pu)ェク(qiu)ト(xian)に携わ(jia)る日本企業(rao)の(za)支(huang)援サー(hu)ビス、(shang)国際機(lai)関(xi)の(za)調達業(rao)務な(ce)ども行っていま(jie)(jie)す(zhan)。

JICSが携わってきた(chai)プロジェ(bei)ク(qiu)トと国・地域

目標1:あらゆる場所のあらゆる貧困を終わらせる。

1: 貧困をなくそう
防災・災害復興支援プロジェクト
ペルー、フィリピン、フィジー、バヌアツ、エルサルバドル、インドネシア、バングラデシュなど
コミュニティ開発支援(貧困地域における各種インフラの整備など)プロジェクト
ベトナム

目標2:飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

2: 飢餓をゼロに
食糧援助プロジェクト
リベリアモザンビーク、トーゴ、セネガル、ジブチ、シエラレオネ、コートジボワール、ガンビア、エリトリア、モーリタニア、ベナン、ブルキナファソ、ハイチ、ニジェール、サントメプリンシペ、コンゴ民主共和国、コモロ、カーボヴェルデ、ブルンジなど
農畜産業支援プロジェクト
パラオ

目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

3: すべての人に健康と福祉を
医療機材調達
インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、エルサルバドル、グアテマラ、ジョージア、スリランカ、セルビア、ドミニカ共和国、ナイジェリア、ニカラグア、パキスタン、バヌアツ、パラグアイ、フィリピン、ベトナム、マーシャル、モルドバ、モンゴル、ヨルダンなど
緊急(エボラ出血熱対応など)プロジェクト
ギニア、リベリアなど
コミュニティ開発支援(保健センター・保健ポスト建設など)プロジェクト
ガーナ、ブルキナファソベトナム、ラオスなど

目標4:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。

4: 質の高い教育をみんなに
コミュニティ開発支援(小・中学校・教員養成校)プロジェクト
エチオピア、ガーナ、カメルーンカンボジア、ジブチ、セネガルナイジェリアニジェール、ネパール、パキスタン、ブルキナファソベナン、マダガスカル、マラウイモザンビークラオスレソトなど
教育機材調達
グレナダ、トンガ、ミャンマー、モンゴル、など

目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。

5: ジェンダー平等を実現しよう
コミュニティ開発支援(女子中学校建設など)プロジェクト
パキスタンなど
女性支援施設用福祉機材調達
エルサルバドルなど

目標6:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

6: 安全な水とトイレをみんなに
給水関連機材調達(井戸掘削機など)
スリランカなど
事業・運営権対応型(無収水削減など)プロジェクト
カンボジアミャンマーなど
コミュニティ開発支援(トイレ棟建設、井戸掘削など)プロジェクト
カメルーン、セネガル、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ、ラオスなど
環境・気候変動対策(地下揚水機材、浄水装置、井戸掘削機材調達、淡水化プラント建設など)プロジェクト
セネガル、チュニジア、バングラデシュ、マリ、エチオピア、ヨルダン、レソトなど
紛争予防・平和構築(給水システム復旧、井戸掘削など)プロジェクト
ハイチ、ウガンダなど

目標7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。

7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
環境・気候変動対策(太陽光発電、小水力発電など)プロジェクト
アフガニスタン、イエメン、エチオピア、エクアドル、エジプト、ガボン、カンボジア、グアテマラコスタリカ、ジブチ、シリア、スリランカ、トンガ、ニカラグア、ネパール、パキスタンパレスチナ、フィリピン、東ティモール、ペルー、ボツワナ、モロッコ、モルディブ、モンゴルヨルダン、ラオスなど
紛争予防・平和構築(地方電化など)プロジェクト
ミャンマーなど
地熱発電プロジェクト
インドネシア、エチオピア、ジブチなど
コミュニティ開発支援(村落内配電網整備など)プロジェクト
パレスチナなど
技術協力(地熱開発など)プロジェクト
ケニアなど

目標8:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

8: 働きがいも経済成長も
職業訓練機材調達
モルドバ、モンゴルなど
紛争予防・平和構築(職業訓練センター拡張など)プロジェクト
南スーダンなど
貿易促進支援(船舶)
サモア

目標9:強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
インフラ調達・整備(地下鉄機関車両、道路整備など)
エジプト、ジブチなど
コミュニティ支援開発(コミュニティ交通改善など)プロジェクト
ネパールなど
紛争予防・平和構築(道路改修、空港維持管理機材調達、道路整備など)プロジェクト
アフガニスタン、ハイチ、フィリピンなど

目標11:包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

11: 住み続けられるまちづくりを
防災・災害復興支援プロジェクト
インドネシア、エルサルバドル、スリナム、バヌアツ、フィジー、フィリピン、ペルー、ミャンマーホンジュラスなど
ゴミ収集・処理機材調達
イエメン、グアテマラ、ジャマイカ、パキスタンなど
環境・気候変動対策(廃棄物管理など)プロジェクト
バングラデシュなど
災害復興(避難施設、診療所、学校建設など)プロジェクト
イタリア、インドネシアスリランカパキスタンペルーミャンマーなど

目標12:持続可能な生産消費形態を確保する。

12: つくる責任つかう責任
環境・気候変動対策(廃棄物管理など)プロジェクト

目標13:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

13: 気候変動に具体的な対策を
環境・気候変動対策プロジェクト
インドネシアフィリピンブルキナファソ、ペルー、ラオスなど
洪水対策機材調達
カンボジア、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオスなど

目標14:持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

14: 海の豊かさを守ろう
中古船調達
ベトナム、ミャンマーなど
機材調達(水質検査機材、流出油除去機材、オイルフェンス展張船など)
グレナダ、ナウル、モルディブなど

目標15:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

15: 陸の豊かさも守ろう
環境・気候変動対策(森林保全など)プロジェクト
インドネシア、エチオピア、カメルーン、カンボジア、コンゴ民主共和国、サモア、タイ、ネパール、パラグアイ、ペルー、ラオスなど
コミュニティ開発支援(貯水池修復など)プロジェクト
ベトナムなど

目標16:持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

16: 平和と公正をすべての人に
警察車両等調達
アフガニスタン、イラク、パキスタン、フィリピン、ベトナムなど
紛争予防・平和構築(地雷除去など)支援プロジェクト
ラオス、カンボジア、ウクライナなど
税関監視艇/警備艇調達/海上保安施設整備
カンボジアベトナムマーシャル

目標17:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

 JICSは今後も調(peng)達代理機関とし(huang)ての活動を軸(軸)に(zhen)、SDGsの達成に(zhen)向けて努力(力)し(huang)てまいり(ta)ます。

新(xu)たな(ce)サ(jiong)ービスでSDGsの達成を目指す

 さ(bei)(bei)らに(zhen)、(shang)(shang)これ(wang)ま(jie)(jie)で(xun)の(za)約30年に(zhen)わたる、(shang)(shang)150カ国以上(gai)に(zhen)対す(zhan)(zhan)(zhan)るプロジェクト(xian)経験を(zan)生かし、(shang)(shang)現在(chan)は海外で(xun)の(za)SDGs達成に(zhen)寄(rui)与す(zhan)(zhan)(zhan)る技術・(chou)(chou)ノ(xian)ウハウを(zan)持つ日本企(cai)業(rao)の(za)海外事(yi)業(rao)展開を(zan)支援す(zhan)(zhan)(zhan)るサー(hu)ビス「J・(chou)(chou)Partner」(zhi)を(zan)実(bang)施して(xie)(xie)い(nuan)ま(jie)(jie)す(zhan)(zhan)(zhan)。(xia)この(za)事(yi)業(rao)で(xun)は、(shang)(shang)す(zhan)(zhan)(zhan)ばらしい(nuan)技術な(ce)(ce)(ce)どを(zan)持ちな(ce)(ce)(ce)が(feng)ら、(shang)(shang)海外で(xun)事(yi)業(rao)を(zan)推進す(zhan)(zhan)(zhan)るリソ(deng)ー(hu)スやノ(xian)ウハウが(feng)足(yi)り(ta)(ta)な(ce)(ce)(ce)い(nuan)とい(nuan)う地方企(cai)業(rao)、(shang)(shang)中小(diao)企(cai)業(rao)の(za)皆様(tiao)を(zan)対象(mei)に(zhen)、(shang)(shang)サポー(hu)ト(xian)さ(bei)(bei)せて(xie)(xie)い(nuan)ただく(e)ことはも(jue)ちろん、(shang)(shang)出資や人(sai)材派遣も(jue)含めた事(yi)業(rao)運(cheng)営の(za)協働パ(ye)ー(hu)ト(xian)ナ(e)(e)ー(hu)として(xie)(xie)お(ti)役に(zhen)立ちたい(nuan)と考(ye)え(yu)て(xie)(xie)お(ti)り(ta)(ta)ま(jie)(jie)す(zhan)(zhan)(zhan)。(xia)JICSはこうした事(yi)業(rao)を(zan)通じた日本企(cai)業(rao)との(za)パ(ye)ー(hu)ト(xian)ナ(e)(e)ー(hu)シップに(zhen)よ(yong)り(ta)(ta)、(shang)(shang)SDGs達成に(zhen)向けて(xie)(xie)貢献して(xie)(xie)ま(jie)(jie)い(nuan)り(ta)(ta)ま(jie)(jie)す(zhan)(zhan)(zhan)。(xia)

(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) 2023 All Rights Reserved.